和田 一廣
和田 一廣
和田 一廣

 私は、株式会社船井総合研究所でコンサルティングを経験後、株式会社和田マネイジメントを設立し、企業経営のあり方を提言してまいりました。水谷社長は、優秀な経営者としての特長を確実に持っています。仕事柄、たくさんの経営者にお会いしてきた私が言うのですから間違いありません。水谷社長は、社員に任せる、つまりチャンスを与えるのが非常に上手です。その為、DYMは新卒一年目、二年目の若い社員が驚くほど活躍しています。そういった意味でも本当に可能性を秘めた企業であると言えるでしょう。

 会社としては第一創業期から第二創業期に差し掛かる時期の現在、経営方針発表会というものを先日初めて行いました。名の知れた大企業に勤めているのとは違い、まだまだ成長期にある無名のベンチャーと言えるDYMに我が子を入社させるのは、親御さんにとって、とても不安だと思います。こういう場を作ることによって、会社自体の「見える化」を図り、社長と直接会って考えを聞き、社員はどんな人たちが働いているのかなど、会社の雰囲気も合わせて見ることによって、親御さんも安心すると思うのです。

 DYMは社長を始め、社員がとても魅力的ですから。これからはその元々ある人間力を磨き上げながら、例えば「新卒採用といえばDYM」というような絶対的商品・絶対的サービスを創ることが必要です。最終的にはビジョンに掲げている「IT×医療で世界No.1」を成し遂げることがDYMにならできると私は確信しています。


Page Top