前職について 入社のきっかけ 仕事内容 DYMの醍醐味 思い出のエピソード 今後の目標 入社して驚いたこと メッセージ 1日の流れ

前職について教えてください。

都内の某百貨店に3年間勤務していました。主に婦人服の部門で、バーゲン企画やイベント開催の手配をしていました。

DYMにはどういった経緯で入社しましたか?

前職の小売り業は、現状マイナストレンド、不況のなかにあります。もっと成長分野で、ストイックに働きたいと思っていました。業績が上がらないと、モチベーションがあっても業務の規制があって頭打ちになることも多く、「変えないことが正解」な百貨店事業に疑問を感じていました。大きく、かつ新しいことをしたい若手にとっては物足りなかった。DYMにはそんな折り、中途むけの求人エージェントを通じて入社しました。

現在のお仕事内容は?

企業の新卒採用の支援をしています。採用の仕方をご紹介し、どんな人材が向いているかご提案するコンサルティング業務を、クライアント企業の人事部になったつもりで行っています。学生と企業が座談会形式で出会えるイベントを開催しています。

DYMで働く醍醐味は?

DYMで働く醍醐味

ふたつあります。ひとつ目は、圧倒的な成長企業だということです。そこに身をおくことで、おのずと自分の成長のスピードも実感できます。もうひとつは、経験がある方々から学ぶことが多いということですね。

わたしのクライアントであるさまざまな中小企業やベンチャー企業では、そこの代表や役員が採用を左右している場合が多いです。企業をひっぱっていく人間と直接仕事ができるというのは貴重な体験です。

思い出深いエピソードはありますか?

サービスにも満足しているけれど、担当が君だからお願いしたんだ、と上場を控えている企業の社長に言っていただけたことですね。人材ビジネスは無形商材ですよね、新卒の入社が決まっても、すぐには企業さんの数字にはならない。だからこそ信頼が大切で、サービスの結果だけでなく、プロセスも評価していただけたというのは、やりがいがありました。また、なかなか就職がうまく決まらなかった学生が、希望通りの就職先に決まったとき、泣いて感謝してくれたことも思い出深いです。

今後の目標、ビジョンは?

業界で圧倒的なトップシェアをほこりたいですね。どの業界でもどんなサービスでも、トップの会社には圧倒的な信頼がよせられますし、自然と営業活動も効果が上がって、営業の生産性があがれば企業としての収益もあがりますし、労働環境もどんどん改善されていくはずです。

今後のビジョン

また、ちょっと大それた話になるかもしれませんが、現在、地方の学生の就職活動を強化しておりまして、いずれ過疎化の防止や地域活性、地方活性につながっていくと思っています。ただのサービスではなく、社会問題の解決になりうる。さらに、たとえばもし東京の企業が関西の学生を採用したとすると、関西のバイタリティも同時に入手していただけます。つまり、中小企業の底上げにつながります。これからも、ますます地方に力を入れていきたいと思いますね。

入社してからのギャップはありましたか?

ベンチャー企業がどういうものかまったくわかっていませんでした。社長のトップダウンというか、オーナーが一方的なのかな、というイメージだけは持っていましたが。でも入社してみたら、みんなで作り上げていこうという意識が強くて驚きました。

中途入社を目指す方へメッセージをおねがいします。

中途で入社される方へのメッセージ

今までの実績や経験は関係ないと思います。それより重要なのは、主体性ですね。自分はこうしたいという、なにかに「欲」がある人がいいと思います。そのなにか、はなんでもいいと思うんです。収入をあげたい、でもいいし、会社を名の知れた企業に成長させたい、でもいいです。そのためになにをするかを考えればいいと思います。

新卒紹介事業部 課長代理 R.Y.

1日の流れ

出社

↓

メールチェック

↓

学生の方との
カウンセリング面談

↓

昼食

↓

担当企業様とのお打合せ
定期報告

↓

学生の方との
カウンセリング面談

↓

弊社主催マッチングイベントの運営フォロー

↓

社内会議

↓

事務作業

↓

帰宅


Page Top