前職について 入社のきっかけ 仕事内容 DYMの醍醐味 思い出のエピソード 今後の目標 入社して驚いたこと メッセージ 1日の流れ

前職について教えてください。

DYMの入社経緯について

私はもともと、DYMタイ支社がはじめの勤務先でした。タイ支社入社の決意は正直不本意で、単純にDYM人事のNさんが凄い勢いで、面談をしていただき『なんか凄そう』それだけでした。いつの間にか、タイに直ぐにいく事になっていた記憶しかないです。そして1年間タイ支社で働き、たまたま社長がタイに出張の際、縁をいただき、1年後にDYM本社の東京で働くことになりました。本来は半年間の予定が気付けば3年です。DYM本社で働くことを決意した理由は、すごい急成長しているベンチャーで、同年代の猛者が揃っている本社で『自分を試したかった』が本意だと思います。少し天狗だった、自分はガチガチな世界に飛び込んで、力試ししてみたかったんだと思います。

現在の仕事内容

私は、現在人材事業部、営業部隊の責任者をしています。もともとタイ支社から、研修事業部の人員不足で帰国し、約2年間研修事業部で働いてました。そして、2016年8月から人材事業部の営業に配属になりました。仕事内容は、年間約680回開催している、新卒採用マッチングイベントの販売です。年間約4万名が参加をする予定のイベントで、現在全国各地で開催をしております。参加企業社数は年間約1000社を超えてくる見込みで、自分のお客様で約80社。全体案件の介入もしているため1000社近いの参加企業を年間出展スケジュールの元、コントロールしています。毎日、いろんな業種業態の企業様と接し、また新規の企業様に訪問しているため、ひたすらお客様の採用においての問題点を解決し色々な採用手法で、優良人材の獲得を手助けしております。

DYMで働く醍醐味

DYMで働く魅力は、常に『最前線』だと思ってます。タイから帰国して、3年たちますがこの3年間は確実に人生で一番成長している実感があります。なぜなら、目まぐるしいくらいチャンスとプレッシャーがあり、いちいちネガティブになやんでる暇がないので、とにかくやってみて失敗したら、反省するの繰り返しです。2年前とんでもない会社の経営会議の前で1人でプレゼンする機会が急遽ありました。信じられない緊張で、声が振るえて自分の中では思い出したくないほどの失敗事例です。そして先月2年前の経験より更に大きな数千億円級の会社で、同等の経験がありました。そして翌週御申込を貰いました。2年前ならしっぽまいて帰ってると思います。結論、DYMだと経験は気付けば勝手にしていて、基本無我夢中なので実感はないです。ただふとした時に、そいえば感覚で実感し、自信となります。DYMで働く魅力は、成長できる環境やチャンスがごろごろ転がっており、恐らく全国の企業の中でも最前線級だと思います。

思い出深いエピソード

今後の目標、ビジョンについて

印象的な仕事

誇れること

入社してからのギャップ

ギャップしかないですね。本来自分は大手?大きい会社志向でベンチャーなんて全くでした。でもなぜか物凄い勢いを感じ、気づけば承諾しており、タイに行きました。そして想像以上にベンチャー間満載で、始めの2か月は辛いしかなかったです。ただ3か月目から辛いが、気持ちいになぜか代わり、無心となって業務を遂行していました。そして気づいたら3年後の今日といったレベルです。月日を思い出すと、長いですが、今日までは一瞬です。僕は新卒で少し大きな商社に入ってましたので、商社の1年目とベンチャーの1年目の違いは歴然です。本当に、最前線過ぎて想像以上のギャップでした。でも今はこれを経験し続けていなかったら、どうなっていたんだろうとたまに思ったりもしてます。人生どうなるかわからないものです。

中途入社を目指す方へメッセージ

人材事業部  課長 K.N.

1日の流れ

出社

↓

仕事内容の確認
メールチェック

↓

お客様の順位のチェック

↓

提案資料
改善計画などの資料を作成

↓

外出
お客様へのフォロー
サイトの改善会議

↓

帰社


Page Top